TUDOI

(画像)お金知識

『知らない』と【かなり】損?

知っている」か「いない」かで、将来 『◉◉◉◉万円』変わる内容であります。

とりあえず知っていただき、考えていただくキッカケに繋がりましたらと思います。

・『単利』と『複利』とは?

・『単利』と『複利』でいくら金額が変わる?

・今の時代は銀行預金が適していないのか?

を画像で簡単に解説をしていきます。

まず先に『結論』から!

え?なんで、銀行に預けているお金を預け先を変えると、お金が増えるの?』

(35年間で毎月3万円を貯めますと)事実として、銀行では1,260万円になり、生命保険積立ですと1,680万円(銀行より+420万円)、海外積立ですと3,940万円(銀行より+2,680万円)になります。

知らない方からしたら信じられない内容かと思いますので、下記説明をしていきますね。ただ大きな理由かにつきましては、『単利/複利』『利回り』が大きな差として生まれていきます。

まず『単利』と『複利』とは?

まずはお金が膨れ上がる理由として、単利と複利の違いとなります。では、どれくらい具体的に金額が変わるのかをみてみましょう!

『金額』いくらくらい変わる?

上記の例によりますと、単利と複利で『30年間で3倍』にまで増えました。

『単利』と『複利』を再確認してみよう!

上記だと、銀行(単利0.001パーセント)だとお金が増えない理由は明白になったかと思います。でも、親に『銀行にお金を貯金しなさい。』って子供の頃にみんな言われたことはありませんでしたでしょうか?

『親』が銀行を薦める理由とは?

あなたは親から言われたことはありませんでしょうか?

親はなんでみんな言うのでしょうか??

実は『親世代』は銀行が正解だった!?

「親世代」は銀行に預けるのは、実は正解でありました。ただ私達は、この内容は今の私たちの選択肢としては正解ではございません。

ここで『今』取り組むことは?

①無駄な固定費の削減

『TUDOI』ではあなたの無駄な固定費を65歳までに平均2,000,000円 程度削減のサポートを行っております。

②資産形成のご相談

あなたがいくら将来に残したいか、どのように資産形成を行うべきかのご相談をさせていただきます。

30歳から『毎月3万円』を65歳まで資産形成したとしても、65歳の時点でやり方によって『400〜2600 万円程度』大きく金額が離れてしまいます。

『TUDOI』ではあなたの資産形成を細かくサポート致します。

まずは下記 無料シミュレーションでいくらお得になるか、いくら資産を形成できるかを診断してみよう!

(「無料」シミュレーション)

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件会社員に役立つサービス信用で資産構築/自分で資産構築『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報情報を学ぶ