TUDOI

10万円損してる?

もしかしたら、お金が返ってくる?

⚠️あなたは『年間100,000円〜200,000円』を損しているかもしれません

『還付金』という制度

『税金を多く払いすぎている可能性が。』

↓↓↓↓

『払いすぎた所得税/住民税』を還付手続きをしたら返ってきます!!(※知らない、申請をしないと返ってこない金額となります。)

====================

■【所得税還付/住民税還付のイメージ例

会社員年収300万円+副業20万円一人暮らし

→所得税還付5万円、住民税還付15万円

====================

《合計20万円戻ってくる??》

FPがLINEからお気軽に「無料診断」を行います!10万円以上戻ってくるかも!!

※ただし、後回しはダメ!早めに『申告』をしなければなりません。

*やり方がわからない!

*申請に何が必要なの?

*他にもお得な情報ある??

このような方は

こちらのLINEに登録をして、『還付金がもらえるか』の無料ご相談をしてみよう!!

『(無料ご相談)お問い合わせLINE』

還付金とは何?

一般的な会社員の給与は、すでに税金が源泉徴収されているため、確定申告の必要がない人も少なくありません。

しかし、源泉徴収された所得税額や、予定納税額が多かった場合には、確定申告によって納めすぎた税金を戻してもらうことができます。戻してもらう税金を還付金といいます。

還付金とは、所得税の支払い過ぎなどの理由により、納税者へ返還されるべき税額のことを指します。源泉徴収された所得税額、予定納税を行なった所得税額が、年間の所得金額から計算した所得税額よりも多い場合に、確定申告を行なうことで払い過ぎた所得税の還付を受けることができます。

年末調整で還付金がもらえる理由

年末調整では年間給与所得から、いろいろな所得控除の対象となる金額を差し引き、本来の年間所得を計算します。

その所得金額から算出した本来の所得税額が、毎月概算で支払った源泉所得税額の合計よりも少ない場合、税金の払いすぎということになり、還付金として税金が戻ってきます。

しかし、本来の所得税額が、毎月の源泉所得税額の合計よりも多い場合には、税金を追加して支払わなければなりません。今回は主に確定申告での場合を解説します。

確定申告で還付金を受けるために

還付申告は、確定申告の期間と関係なく行うことができます。還付申告書を提出できる期間は、還付の該当する年の翌年1月1日から5年間です。つまり、確定申告の必要がないと思って行わなかった人が、控除について後から知った場合、この期間に申告書を提出すれば間に合うことになり、還付金を受け取ることができます。

「収入は給与だけだから確定申告の必要がない」と思っている人でも、還付金を受け取ることができるかもしれません。給与から差し引かれている源泉徴収税の計算方法では、認められている控除の適用がなされていないことがあるからです。

『お金のプロ』ファイナンシャルプランナーがLINEで「無料診断」を行います!10万円以上還付の可能性

『(無料ご相談)お問い合わせLINE』

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件きっかけを探す稼ぐ・年収を上げる『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報おトク情報