TUDOI

500万円損してる?

まず前提として

皆さん、お金を稼ぐことにフォーカスをしているかと思います。それは確かに正しいです。ただ、半分は正しく、半分は正しくはないかと思います。まず、『収入を増やす』ことをする際に、『支出を減らす。』ことも重要であります。

今回の定義は、現状のものを我慢するという事ではございません。日常でなんら影響のないでムダに払っている固定費を見直していきます。ただ、お金をある方こそ『実は』シビア固定費について考えています。

固定費削減の重要性

固定費の見直しを行うのは非常に重要だと考えます。

『収入を上げる』これは当たり前に必要で皆さんやっていますが、出ていくお金もコントロールをしなければなりません。まずは『固定費』と『変動費』に支払い項目を分けていきましょう!

支出は、食費や洋服代など毎月の支払額が異なる「変動費」、通信費や保険代など毎月支払いが決まっている「固定費」で分けられます。固定費の見直しは、一度見直しをしたら、その節約効果を継続的に得られることでしょう。

今回はその中でも『還付金』というなかなか聞いたことがない内容についてを扱っていきます。結論から申し上げますと、FPが見直すことでお得になれる可能性が非常に高いです。詳しくはこれから記述をさせていただきます。

『還付金』とは?

一般的な会社員の給与は、すでに税金が源泉徴収されているため、確定申告の必要がない人も少なくありません。

しかし、源泉徴収された所得税額や、予定納税額が多かった場合には、確定申告によって納めすぎた税金を戻してもらうことができます。戻してもらう税金を還付金といいます。

還付金は知らないと戻ってこない。

還付金とは、所得税の支払い過ぎなどの理由により、納税者へ返還されるべき税額のことを指します。源泉徴収された所得税額、予定納税を行なった所得税額が、年間の所得金額から計算した所得税額よりも多い場合に、確定申告を行なうことで払い過ぎた所得税の還付を受けることができます。

還付申告は、確定申告の期間と関係なく行うことができます。還付申告書を提出できる期間は、還付の該当する年の翌年1月1日から5年間です。つまり、確定申告の必要がないと思って行わなかった人が、控除について後から知った場合、この期間に申告書を提出すれば間に合うことになり、還付金を受け取ることができます。

「収入は給与だけだから確定申告の必要がない」と思っている人でも、還付金を受け取ることができるかもしれません。給与から差し引かれている源泉徴収税の計算方法では、認められている控除の適用がなされていないことがあるからです。

還付金につきましては、知らないとそもそも流されておりますし、申請で動かないと返ってはきません。下記に目安金額をお伝えしておりますが、200万円以上損をしたくない人は是非めんどくさくなる前にご対応してみてください。

『還付金』でいくら戻る?

====================

①【所得税還付/住民税還付のイメージ例

会社員年収300万円+副業20万円一人暮らし

→所得税還付6万円、住民税還付12万円

====================

②【所得税還付/住民税還付のイメージ例

会社員年収400万円+副業20万円一人暮らし

→所得税還付9万円、住民税還付18万円

====================

③【所得税還付/住民税還付のイメージ例

会社員年収500万円+副業20万円一人暮らし

→所得税還付14万円、住民税還付25万円

====================

※こちらはあくまで目安となりまして、別途サポート手数料が掛かる可能性もございます。『TUDOI相談』後にご紹介をしますFPにご説明をいただけましたら幸いです。(※ TUDOIでは直接のサービス案内は行っておらず、あくまでタメになるサービスになる可能性があり、お取り扱いをさせていただいております。)

還付金につきましては、人それぞれいくらくらいになるかはイメージとだいぶ異なる可能性がございますので、実際にいくら戻ってくるかを知りたい、受給したい方につきましては下記『TUDOI相談』までご相談をいただければと思います。

サイト内で情報を入力すると、いくら削減可能がでます!!

(公式サイト)『TUDOI』固定費シミュレーション

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件会社員に役立つサービス信用で資産構築/自分で資産構築『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報おトク情報