TUDOI

サブスクの考え方

サブスクによる考え方

『サブスク』ってなんだか響きがカッコ良いですよね。笑 『サブスク』は「サブスクリプション」の訳となりまして、消費者側が一定期間の契約をして、商品やサービスに、定期的に金額を支払うビジネスモデルのことです。

つまり、「固定費」です。

皆さんは実はサブスク費用など固定費が実は積み重なっている可能性が高いです。

  • 音楽配信(AWA/)
  • 動画配信サービス(Amazonプライム/Hulu/FODなど)
  • 会員サイト
  • Amazonプライム
  • オンラインサロン
  • 月額制の美容サロン
  • 月額制のジム/スクール
  • マッチングアプリ
  • 美容商品などの定期配送

などなど沢山あるかもしれません。

TUDOI内でご紹介しているのもあります。笑)

これらは本当に優秀な企業様が作られている事が多いので、価格設定的にも

  • わざわざ解約手続きめんどくさい。
  • これくらいなら辞めなくて良いか!

って思うような金額になっています。

本当に必要なモノ、使っているサービスだけを残す作業って実は大事であったりします!

『月額980円』の動画配信サービス、観たいドラマがあったから入った!けど終わっちゃってさ、あまり観たいモノ無いかも。っていう時ありますよね。

そのタイミングでこれを解約し忘れると、(手続きが面倒だし)永遠に解約しなくなり、、、、

1年間で11,760円 / 35年間(30歳〜65歳)で411,600円になります。これが3サービスの削減だと、単純計算で1,234,800円になります。

*ウォーターサーバーのサブスクなんか、凄そうですよね!!!!(実は私はこれを見て、Amazon購入で、天然水2Lボトルに変更をしました!!!笑)

月額削減費用 3,000円(月額ウォーターサーバー4,200円ー天然水1,200円)✖️12ヶ月✖️35年間(30歳〜65歳)だと、1,260,000円になります。

※ウォーターサーバー業者様、怒らないで!笑

忘れやすいので、お早めに手続きしましょう!めちゃくちゃ重要です。

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件きっかけを探す稼ぐ・年収を上げる『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報おトク情報