TUDOI

(画像)『年金』

対策を『今から』しないと【実は】やばい?

皆さん実は、『年金』がもらえるから老後は安泰!って思っていませんか?

今回はそんな方に向けて、

・年金がいくらもらえるのか。

・年金でどんな生活が実際はできるのか。

・年金が足りない時どうすべきなのか?

を画像で簡単に解説をしていきます。

まず『年金の種類』って?

日本の年金制度は3階建ての構造になっており、1階・2階部分は国が管理・運営を行う「公的年金」で、会社員や公務員の人はさらに厚生年金にも加入しています。

『満額』で、いくらもらえる?

国民年金の受給額は、「保険料の納付月数」、厚生年金の受給額は「保険料の納付月数」と「収入額」によって決まります。

(注意すべき点)

「国民年金だけ」だと金額が少ないので、自営業、フリーランスの方は何か対策をすべきだと思います!

②在職中の平均年収なので、初任給〜今の年収の平均になります。

『年金の目安』と『使い道』は?

『年金の使い道』の内訳に関しまして、多くの方の平均が左側になります。

その中でも、老後に旅行や飲み代、老人ホームの費用などを考えている方は年金では足りない可能性が高いです。

『今』私達がすべきこととは?

今 私達がすべきことの最善策と言えるのが、資産を作ること、変えるだけでお得になる『無駄』を省いてお金を浮かせる、(必要であれば)副業や転職で収入を上げる事かと思います。

『TUDOI』でできることとは?

①無駄な固定費の削減

『TUDOI』ではあなたの無駄な固定費を65歳までに平均2,000,000円 程度削減のサポートを行っております。

②資産形成のご相談

あなたがいくら将来に残したいか、どのように資産形成を行うべきかのご相談をさせていただきます。

30歳から『毎月3万円』を65歳まで資産形成したとしても、65歳の時点でやり方によって『400〜2600 万円程度』大きく金額が離れてしまいます。

TUDOIでは『無料』30分相談をオンラインで行なっておりまして、30分のご相談の中で、

①いくら削減できるかの診断(平均200万円以上)

②実際に削減のサポートご案内

③資産貯蓄するためのご相談

(1,000〜2,000万円資産構築)

サポートを行なっております。

(「無料」シミュレーションはコチラ)

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件会社員に役立つサービス信用で資産構築/自分で資産構築『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報情報を学ぶ