TUDOI

(中級)不動産投資 個別相談

不動産投資の手順

①『不動産投資セミナー』

「情報収集(*推奨3〜4社程度)

↓↓↓↓

②『不動産投資個別面談』

「具体的に」(*推奨1〜2社程度)

↓↓↓↓

担当者ご連絡

↓↓↓↓

『不動産投資用物件購入!』か『辞退して別のものをやる!』(※自分にあっていなかったら、自体も全然良いと思います!!)

こちらは前回の手順の復習となりまして、今回は、不動産投資の『個別相談』となります。

(※初級編を見ていない方は)まずは、不動産投資セミナーのページからご確認ください!!!

不動産投資の面談は受けるべき!

実は不動産投資の個別面談は不動産投資を結論 やるかやらないかをこれから決めていく人にとって、おすすめとなります。やはり先に浮かぶのは、不動産を買ってもらうための営業だと思われていて、面談したがらない人も多いと思います。

『ただ実は』

担当者があなたについて色々と聞き出す機会であるのと同時に、あなたが担当者を評価して実際に不動産投資をするかどうかを判断するいい機会下記の確認をする良い機会でもあります。今回は確認すべき項目を3つに分けてご説明していきます。

①『自分のローン融資可能枠』の確認

不動産投資の金融機関融資の審査基準項目は

  • お勤め会社
  • ご年収
  • 勤務年数
  • 家族構成
  • 金融資産

などの条件でトータルにて評価します。ローン融資可能額の把握は『重要課題』となります。不動産投資をやりたくてもローンの可能額が出ないとできない可能性もございます。これはセミナーではわからず、審査を熟知している担当者に相談しないと捻出が不可となります。

②キャッシュフローの実績

不動産投資のキャッシュフローも非常に重要です。

特にフルローンを利用する場合は、購入時の初期費用をおさえることができる反面、月々の返済額が高くなります。融資を受ける時の金利、融資期間などの条件にもよりますが、中には家賃だけの収入では返済に足りないケースもあり、手出しの物件もあります。キャッシュフローの実績はお願いをする会社、その方の属性などによって異なる為、どれくらいの実績とケースになるのかを確認することは大切です。そのような詳細を細かく確認ができます。

③『投資する目標』の確認

それぞれに合った『節税対策』『資産保有目標』、生命保険代わりになる『積立計画』などがあります。それを確認していく事は非常に大切です!!!

『自分の計画に沿って行えるか、不動産投資の面談を活用していきましょう!』

トゥシェル

「トウシェル」は不動産投資の特性に着目し、 日本で働く会社員の初めての資産形成を応援するサービスとして誕生しました。

不動産投資について、専門家と対面で個別相談が出来るサービスです。

(公式サイト)

始める方が増えている不動産投資!始める前の無料相談は【トウシェル】で!

セカオピ

「セカオピ」では、不動産投資のである不動産鑑定士や、 金融や投資に強い1級ファイナンシャルプランナーなどの専門家が、公平な目線で情報提供します。

不動産投資について、専門家と対面で個別相談が出来るサービスです。

(公式サイト)

資産形成のプロに気軽に相談する【セカオピ】

③JPリターンズ

不動産選びのプロが教える資産運用! J.P.Returnsなら永続的な”安心”をシンプルにご提供いたします。

たった1回で充実の内容!! マンション投資のノウハウを伝授します。

マンションのオーナーになって家賃収入を得る「不動産投資」。 不動産投資は数ある投資商品の中でも比較的リスクが低いとされ、 初めての方や慎重派の方でもお気軽にご相談いただけます。

(公式サイト)

資産運用のプロフェッショナル【JPリターンズ】

イエベスト

イエベストは、不動産会社ではない第三者が100社以上から厳選し、とにかくユーザーに寄り添った立ち位置から提供を行っております。100社以上から厳選した複数社の不動産会社をご紹介、一括請求による比較が可能となります。

また、専任のコンシェルジュにいつでも相談可能となります。

(公式サイト)

イエベスト不動産投資

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件会社員に役立つサービス信用で資産構築/自分で資産構築『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報おトク情報