TUDOI

(初級)不動産投資セミナー

あなたは「将来」「老後」にきちんと備えていますか?

人生ではいろんなことにお金がかかりますよね?将来で考えると、老後はよりお金が現実的にこんな感じで、現状より危機感を持ってしっかり考えていて、さまざまな選択肢の中で不動産投資を聞いたことがあり、ざっくりとした感じで検討されている方も多いのではないでしょうか。

「老後のために今から何か準備をしたい!」

「不動産投資を始めてみたいけど不安!」

「不動産投資に失敗したくない!」

など抱いている方が不動産投資を始める前に抱いている方が多いかと思います。今回は後ほど不動産投資についての説明を行っていきますね。

まず老後にはいくら掛かるのか。

上記画像で書かせていただいておりますが、老後のゆとりある生活費 月35万円、介護費用 月17万円、終活費用254万などを今のうちから資産として用意をできれば、そのお金を使う方も使わない方も生活がより心配事は減るのかと思います。

老後にはいくら必要か。につきましては、テレビ、Youtube、記事などでさまざまな意見が取り上げられています。その中でも一番声になっておりますは老後2,000万円問題になります。老後2,000万円は必ず必要との論調をする方もいらっしゃいますが、正直人それぞれの金銭感覚次第ではございますが、不動産投資をする方は老後の上記費用を賄うために動かれているかと思います。

不動産投資と保険の違い

『老後の資金で足りない金額をどこでまかなうのか』をしっかり考えてみると、不動産投資が保険などより遥かに優れていると不動産投資会社の営業マンは言いますし、逆に保険の営業マンは保険の方が優れていると言います。

では、何が『保険』と『不動産投資』では資産形成の観点で異なるかにつきまして、下記簡単に説明をさせていただきます。

まず、「保険」につきましては、毎月平均2〜4万円程度の生命保険積立を25年間程度行い、60〜65歳を目処に資産の受け取りを行うのが基本となります。

対して、「不動産投資」は会社員の信用を元にして、2,000万円〜4,000万円程度のローンを組みまして、金融機関からの借入で不動産投資物件を購入します。その購入した物件を8~10万円など賃貸として入居者に貸して、家賃収入を得る流れとなります。

家賃収入につきましては基本的に全額ローンに当たりますが、35年ローンを節目に完済になります。

完済後の選択肢としては

①そのまま物件を所有し、家賃収入8~10万円を年金代わりとして受け取る。

②物件を売却し、売却価格1,000万円〜3,000万円を一括で受け取る。

(途中売却も選択肢としては可能となります。)

不動産投資のリスク

不動産投資は、利回りや不動産購入価格以外にも気にするべきポイントがたくさんあります。リスクについては不動産投資を考えている方は事前にしっかりと考えてみましょう。

①空室によるリスク

入居者が見つからず空室が増えたり空室期間が長く続いたりすると家賃収入が減ってしまいます。家賃収入が減ってしまうと収支が赤字になってしまい、自身の収入や貯金等から不動産投資の赤字分を補填しなければいけない状況になります。

【対策

・(東京など)賃貸需要の高いエリア選定を行う。

・入居付けに強い賃貸管理会社を選ぶ。

②家賃下落リスク

建物は経年劣化するにつれて家賃が下落していきます。家賃が下落すると月々の家賃収入が減るだけでなく、利回りが低くなることで物件を売却する際の売却価格にも悪い影響が出てしまいます。

【対策】

・築20年を過ぎると家賃の下落幅が緩やかになっていることが分かります。家賃下落幅の小さな中古物件を選ぶことで、物件運用の見通しが立てやすくなります。

・新築の物件は購入時に下落するケースが多いので、避ける。

③家賃滞納リスク

満室でも入居者が家賃を滞納してしまえば、その分オーナーの家賃収入は減ってしまいます。仮に、区分マンション1室で家賃滞納が起こった場合、満室であるにも関わらず家賃収入はゼロになります。

【対策】

・賃貸管理会社に入居時の審査を厳しくしてもらう、自身でも入居を許可するか検討する。

・入居条件として「家賃保証会社への加入」を必須にする。

④修繕リスク

新築でも中古でも、ある程度時間が経てば修繕の必要が出てきます。修繕費用は経年劣化の具合、どのように修繕を行っていくのかにもよりますが、かなり年数多く所有する際にはそれなりの費用になるかもしれませんので、事前に委託する管理会社に相談をしておきましょう。

【対策】

・修繕費を積み立てておく。

・修繕ノウハウのある賃貸管理会社を選ぶ。

その他にも、不動産価格下落リスク、金利上昇リスク、地震リスク、火災リスクなどございますので、今後ご紹介するセミナーあるいは個別面談で不動産のプロに聞いて調べてみてください!

投資にリスク自体はつきものであり、ただ怖気付いて何もできないのもリスクになり得るかと考えます。つきましては、リスクをしっかり考えながら行動しましょう。また、不動産投資に失敗しないためにも、まずは慎重に『適切な順序』を踏むのが非常に大切です。

不動産投資の手順

①『不動産投資セミナー』

「情報収集(*推奨3〜4社程度)

↓↓↓↓

②『不動産投資個別面談』

具体的に」(*推奨1〜2社程度)

↓↓↓↓

担当者ご連絡

↓↓↓↓

『不動産投資用物件購入!』か『辞退して別のものをやる!』(※自分にあっていなかったら、自体も全然良いと思います!!)

の流れが良いと思います!!

まずは、この記事で失敗しない不動産投資セミナーの選び方を解説しておきます。是非参考にしてみて下さいね。

失敗しない不動産投資セミナーの選び方

1. レベルに合わせたセミナー選び

不動産投資のセミナーへ参加する際には、自分のレベルに合わせたセミナーへ参加する事で、詳しい知識を身に付ける事ができます。

いきなりレベルの高いセミナーへ初心者が参加すると、分からない言葉が出てきて理解する事が難しく、無意味な時間になります。はじめは、どのような物件に投資をするのが最適か分からないという人が多いと思います。

2.セミナー費用はいくら掛かるのか。

不動産投資セミナーというのは「投資をする場所」ではないので、投資資金は不要です。不動産投資セミナーはあくまでも「不動産投資」のノウハウを学ぶための場所です。なので、ノウハウがどこまで提供されるかがわからない現状ですと、「有料」を払うより「無料」の方が良いので、今回は「無料セミナー」をピックアップさせていただきました!!

グローバルリンクマネージメント

不動産を開発から販売・管理までワンストップで行っている企業は、東京都内でも10数社しかなく、 その1社が株式会社グローバル・リンクマネジメントです。

・23区/川崎駅から徒歩10分圏内という一等地のみでの開発。

・7年更新のサブリースは国内唯一で、35年ローンでも4回しか更新がないから賃料変動が少なくお得

・4回の家賃見直し時も下落幅5%までで安心。

・低金利でローンで組める金融機関の提携、取引が業界最多の20行と非常に豊富。

・管理戸数1,791戸、入居者率99.17%

ご成約の約8割がお客様からのリピート・紹介!!業界でも随一のお客様満足度!

(公式サイト)

不動産投資セミナー

ウロコの不動産投資セミナー

堅実な不動産投資へのニーズが高まっています。

第1級のファイナンシャルプランナー海外でも不動産投資を行っているフリーエージェント、 多くのお客様から不動産のご契約を実際に預かってきた 不動産投資のエキスパートなど、その道のプロをお招きして 初心者でもわかるように具体的かつ、わかりやすく不動産投資について解説するセミナーを日本各地で開催しております。

【セミナー対象者】お仕事をしている方全員

(公式サイト)

不動産投資の王道を学ぶならこれ!
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー

③プロパティエージェント

【セミナー】不動産投資 プロパティエージェント

プロパティエージェントは、東証一部上場企業が提供する新築・中古をハイブリッドで扱う不動産投資です。

東証一部上場企業が「仕入れ」「販売」「管理」「売却」まで一気通貫で不動産運用をサポート行い、入居率は年間平均99.5%になります。特に強みとして、物件の仕入れはSSスコアリングという独自の物件仕入れ指標を設け、厳選した都心優良物件のみを提供しており人気となります。

(公式サイト)

安定の運用実績! プロパティエージェント 【セミナー】不動産投資 プロパティエージェント

是非まずは何も知らなくて、学ぶだけの気持ちでも良いので足を運んでみてください!!!

ほかのカテゴリから探す

おすすめ案件会社員に役立つサービス信用で資産構築/自分で資産構築『TUDOI』2,000万円貯蓄コンテンツ美容情報おトク情報